ヴァイオレット・エヴァーガーデン 京アニが生んだ神の芸術

どうもみなさん けゆけゆ です。

 

 

 愛の意味を知るために・・・

 

f:id:keyukeyu02:20201026181439j:plain

 

2018年の1月から1クールにわたって放送された、京都ア

ニメーション制作オリジナルアニメーション

ヴァイオレット・エァーガーデ

 

 

今年の2020年9月18日より「劇場版 ヴァイオレット・エヴ

ァーガーン」が公開されたのを受けて、少し振り返りた

くなったので語りたいと思います。

 

 

戦場で両腕を失い、自在に動く義手を付けることになっ

た元軍人「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は自動手記

人形として"C.H郵便社で働き始める。ヴァイオレットに

は、かつて戦場で誰よりも大切な人であり、軍人時代の

上官・ギルベルト少佐がいて、彼が亡くなる際、最後に聞かされた言葉

愛してる」の意味が理解できなかった

ヴァイオレットは、仕事と日常を通じて人と触れあいな

がら、その言葉の意味を探していく・・・。

 

 

ヴァイオレットは可憐な容姿をしているものの、女子少

年兵として日々を過ごしてきたため、感情の表現が上手

くできない。

軍人時代にギルベルトに買い与えられたヴァイオレット

の瞳の色同じ、エメラルドのブローチを大切にしてい

て、常に身に付けてい。ギルベルトのことを自身の命

に代えても守りたいと思うほど大切に思っている。

 

今抱いている感情が人を愛するということなのに、その

意味を理解することができない・・・ 自分が抱く気持ちが

わからないってツラいものですね・・・。

 

この作品は京都アニメーションが制作されているわけ

で、作画、演出、構成すべてが素晴らしいものになって

います。

 

 

本筋のストーリーも素晴らしいのですが、本筋外の5・6・7

話がヴァイオレットが依頼主の元へ出向き仕事を行う1話

完結ものとなっているのですが、それぞれがヴァイオレ

ットの成長を感じられる話となっていて中でも私は第7話

が作画、演出、全てが好きな回です。

 

湖畔(こはん)にぽつりと立つ屋敷に暮らす、人気戯曲

家"オスカー"戯曲の執筆を手伝ってもらうため呼ばれたヴ

ァイオレット。

 

オスカーには病で亡くなった娘がいて名前を"オリビア”、

生前いつか「私もこの湖を渡ってみたい。」そう言って微

笑んでいた。

 

オスカーはオリビアに聞かせていた物語を、子供向けの

戯曲として完成させようとしていたが、その物語の終

盤、主人公が日傘を使って湖を渡り父の待つ家に帰るシ

ーンがあるも、その情景が浮かばず行き詰まるオスカー

の瞳にオリビアの使っていた日傘を持って湖に向かって

跳躍するヴァイオレットが映り、ブーツが水面の落ち葉

に触れて風の力でふわりと一瞬浮き上がる、その姿がオ

リビアと重なり、オスカーは「君はオリビアの"いつか"を

叶えてくれた」と感謝の言葉を告げる・・・。

 

f:id:keyukeyu02:20201026181513j:plain

 

キャクターが見せる表情、ヴァイオレットが湖を跳躍す

るシーンの神懸かった作画、本当に感動しました。

 

 

完結編となる「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

大ヒット公開中です。

この物語の結末を見届けましょう。

 

 

ではまた。