pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

モンスターハンター:ワールド もうそろそろ語ろうか・・

どうもみなさん けゆけゆ です。

 

 

 近い内に新たな動きがありそうなのでもう

ろそろ語っておきますか・・

 

 

大人気ゲームシリーズの1つ、「モンスターハンター」。

 

現在の最新作は2018年1月26日に発売された「モンスターハンター:

ールド」(翌年2019年に大型DLCとしてアップグレード版「ワール

ド・アイスボーン」発売)となりますが、世界出荷本数1610万本とな

り、モンハンシリーズまたカプコンのゲームタイトルとしても最

高記録を更新し世界を代表するゲームとなりました。

 

 

 モンスターハンターは、2004年にPS2で第1作目「モンスターハン

ター」が誕生、翌年に今ではおなじみのアップグレード版「モンス

ターハンターG」が発売、1作目から2年後には「モンスターハンター

2(ドス)」この作品でのちの作品の基盤になるシステムが確立されま

した。

 

 

このモンスターハンターがブレイクするきっかけになったのがPSP

で発売された「モンスターハンターポータブル」シリーズ、2007年

に発売された「モンスターハンターポータブル2nd(セカンド)」は

PSPソフトで初ミリオンセラーを記録、次作「モンスターハンター

2ndG(セカンジー)」はこれまでの集大成的作品でこの作品で人気

が爆発し社会現象となりました。

 

これに続きそのまた次作「モンスターハンターポータブル3rd(サー

ド)」は初週214万本、累計487万本とモンスターハンターシリーズ

全盛期を象徴する作品となりました。

 

 

その後はニンテンドー3DSにハードを移し、Wiiで発売された「モン

スターハンター3(トライ)の続編「モンスターハンター3G(トライジ

ー)」に続いて4(フォー)4G(フォージー)、ナンバリングが外れた

携帯機シリーズの集大成的作品X(クロス)XX(ダブルクロス)と発

売されて来ましたが、この頃にはマンネリ化の声が多くなり勢い

も落ちていきました。

 

その中発売されたのがPS4で「モンスターハンター:ワールド」久々

の据え置き機での発売ともあり、大いに話題になりました。

 

 

PS4になったことでグラフィックの超進化に始まり、フィールドが

今まで1つのフィールドが複数のエリアに分かれていて、エリア間

を移動するときロードを挟んでいたのが、シームレスの1つのマッ

になり、また最大3層の階層構造になり広さも倍ほど広くなり

環境生物の登場で、自然のツタを利用してモンスターに罠をかけ

れるようになったり、フィールドにいる薬草や虫を食べてその場

で体力やスタミナの回復、状態異常などを撒く生物が現れたり

るようになりました。

 

従来からあったシステムも多く仕様がかわったものがあり、回復

薬や肉などアイテムの使用時ハンターはガッツポーズをし立ち止

まっていたものが、動きながら使用できるようになった。

 

消耗品の磁石、ピッケル、虫あみはハンターの標準装備となり、

アイテム制から無限に使用でき、ピッケルなどで手に入れたアイ

テムはハンターのポケットに入り持てる個数に制限があったのが

別扱いになり無限に入手できるようになった。

 

導虫(シルベムシ)という自動で目標物に目印をつけたり誘導したりするシステムで、モンスターの追跡もできることでペイントボールは無くなった

 

 

マルチプレイも健在でPS Plusに加入が必要ではあるが、オフライン時1人、オンライン時最大4人同時プレイが可能で、救難信号というシステムが登場し、エスト中に他のプレイヤーが同じクエストに参加できるようになった。

 

 

私はこのワールドがほぼほぼモンハンシリーズ初プレイで、クロ

スをちょこっと触った程度であまりシステムになじめずすぐ止め

てしまっていたのですが、ワールドになって快適さがパワーアッ

プしクリアまで楽しんでプレイできました。

 

アイスボーンになってアクション面がさらにパワーアップしでき

ることが色々増えたのですが私には扱えきれず途中で止めてしま

いました。(決してオモシロくないわけでなく私には合わなかった)

 

スイッチで新作の噂がささやかれていますが、どういった作品に

なるのか、古参のユーザーだけでなく、新規のユーザーにも楽し

めるような作品になっていたら嬉しいですね。

 

 

ではまた。