pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

BURN THE WITCH 師匠の帰還だ!!

どうもみなさん けゆけゆ です。

 

 

オサレ師匠帰還!!

 

 

今週発売の週刊少年ジャンプ2020年38号よりあの「BLEACH」の作

者でもある久保 帯人先生新作「BURN THE WITCH」の短期集中連載

がスタートしました。

 

 

 

元は週刊少年ジャンプ創刊50周年記念企画週刊少年ジャンプ

2018年33号に読み切り作品として掲載されたのが初めで、その後

に代表作BLEACH」の20周年記念プロジェクト「face again」の一環

として今週号より全4話の短期連載ですがスタートしました。

 

ストーリーは、ドラゴン・・架空の生物であるが実際は架空でもな

ければ生物でもない・・そんな世界。

 

はるか昔からロンドンにおける全死因の実に72%にドラゴンと呼

ばれる異形の存在が関わっていた。

 

荒ぶるドラゴンは人に害す、それを防ぐためにはドラゴンの管理

が必要だがフロント・ロンドンの住人にはドラゴンの姿を見ること

ができない。

 

ドラゴンの存在を見ることができるのは、フロント・ロンドンの裏

側に拡がるリバース・ロンドンの住人だけ。

 

その中でも選ばれし人々がウィッチ(魔女)/ウィザード(魔法使い)

となり、ドラゴンと直接接触する資格を持つ。

 

 

リバース・ロンドンにある自然ドラゴン保護管理機関「ウィング・バ

ンドに所属する保護官「新橋 えるニニー ・スパンコール2

人の魔女の活躍を描く物語です。

 

 

 

さすが!久保 帯人先生

 

 

このストーリーを見るだけでワクワクが止まりません。

ドラゴンが登場しますが、ファンタジー世界おなじみのドラゴン

ではなく、全くことなる異形の存在として現れます、果たしてど

ういった存在であるのか気になるとこですが、それは置いとい

て・・ ・    やはりこの圧倒的世界観!!

 

フロント(表)・リバース(裏)に分けられたロンドンが舞台。

そしてドラゴンと接触する資格を持つ自然ドラゴン保護機関「ウィ

ング・バウンド」の保護管、新橋 える二ニー・スパンコール2人の

女、なんとW主人公です。

 

 

最大の驚きは、読み切り終盤で明らかになったBLEACH」と世界線

繋がっていること!!

 

 

物語でBLEACHと関わりのあるワードがいくつか出てきて、”ソウ

サエティ"、"西梢局(ウエスト・ブランチ)というワードが出て

きますがソウルソサエティはおなじみですが、西梢局って?と思

ったのですが何とBLEACHで実は東梢局(とうしょうきょく)という

ワードが出ていたんですよね。

 

これによりBURN THE WITCH西の世界BLEACH東の世界

舞台になっていることと思われます。

 

トドメが読み切りラストでタイトルがバン!と表示されるのです

が白い文字でタイトルが描かれているなか黒く塗られている部分

がありそれを読むとBLEACHになるという仕掛けをされていて、実

際読んでいて久々に衝撃が走りましたね・・。

 

ともあれ、何とこのBURN THE WITCH連載決定と同時にアニメ

も決定していて、劇場アニメーションとして今年2020年10月2日

より劇場中編アニメーションとして公開される模様で、連載とア

ニメが同時に決まる、とんでもないことが起こっています。さす

が師匠。

 

 

全4話の短期集中連載ですが、本連載してほしい!!心からお願い

します。

 

 

ではまた。