pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

Journey to the savage planetを語る

どうもみなさん けゆけゆ です。

 

 私・・このゲーム、気になります!

 

 

Journey to the savage planet(ジャーニー トゥ ザ サベージ プラネット)」

 

 

 

PCの方で海外のみで1月28日に発売されていたのですが、日本でも6月25

日にPS4版も日本語対応されて発売されました。

 

どういった内容のゲームなのかというと、カラフルなエイリアンや個性

的な動植物が住む未知の惑星「AR-Y26」を舞台に、星間探査会社「キン

ドレッド・エアロスペース」の新入社員となった主人公のコミカルな冒険

ライフを描くアクションアドベンチャー

 

惑星を調査し動物や植物をコレクションしていく、30種類以上いる個性

的な生物たち、それぞれが独自の行動を取りオリジナルの能力を持って

いるとのこと。

 

話しかけてくるユーモアなエイリアンや肉食の植物など、多くの生物が

生活している。

 

 

 

オープンワールドになっているが最初からどこにでも行けるという訳で

はなく、惑星の探索を続ける中でさまざまな資源を手に入れて、拠点で

ある宇宙船の中にある機械「3Dプリンタ」を使うと探索の幅を広げる便

利な装備を製作したりその装備をアップグレードすることができる。

 

これによって、戦闘時に攻撃ができるレーザーピストルや二段階ジャン

プができるブースタージャンプをアップグレードしていくと、新しい経

路やほしかった資源などを発見することができる。

 

また、ミッションをこなしていくことになるのだがミッションを完了し

た後、地球へ戻るための燃料もこの星で確保しなければならない。

 

製作できる装備は武器やバックパックなど40種類以上用意されていて、

やりこみも非常に豊富。

 

 

オンライン要素もあり、2人で資源調達や探索に挑戦でき、ミッションの

進行度や装備、持ち帰った資源を共有可能になる。

どちらか死んでしまっても時間内であればレスキューできるなど、ソロ

だけでなく仲間とともに物語を楽しむことができる。

 

 

 誰も踏み入れたことのないはずの惑星だが何者かによって作られた大き

な建造物やテレポートできる遺跡が多く存在する、行く手を阻むギミッ

クや謎も多くあるので知恵を駆使して進めていくことになる。

 

 

 

環境や装備が整っていない状況から未知の世界(惑星)での探索をよぎなく

されるプレイヤー、死んだらリスタートではなく新しい自分のクローン

がプレイヤーとなる、クローンを生み出せる回数も限られているなどワ

クワク感もあり、緊張感もあり、いいバランスの作品になってると感じ

ました。

 

ゲーマーの血が騒ぐこの作品プレイしてみる価値ありです!!

 

 

ではまた。