pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

 PS5の個人的気になるゲーム PART1

どうもみなさん けゆけゆ です。

 

 

6/12(金)午前5時より「THE FUTURE OF GAMING」プレステ5でリ

リースされるゲームの発表会がありました。

 

 

ゲーマーとして待ちわびたプレステ5のゲーム情報がついに明らかになっ

たイベントで全28タイトルが発表されたのですがそこから私が個人的

に気になったタイトルをパートをいくつかに分けて語っていきたいと思

います。

 

 

「マーベル スパイダーマン:マイルズ・モラレス」

                           

 

 

2018年に発売された「マーベル スパイダーマン」の続編にあたる作品。

 

 

主人公が前作に登場しストーリー終盤でスパイダーマンの力を得た

マイルズ・モラレスで、スパイダーマンであるピーター・パーカーでない

ことからスパイダーマン2でなく、おそらく1.5にあたるのかなと予想し

ます。

 

 

私自身、前作は全クリ、DLCもすべてプレイするほどドハマりした作品

なのでこの続編もめちゃめちゃ楽しみにしています。

 

 

2020年ホリデーシーズンリリース予定とのことでローンチとして出るの

かそれに近いタイミングか、早くプレイしたい!

 

 

 

 

「ラチェット・アンド・クランク:リフトアパート」

 



PS2から続く人気作品の続編、PS5の機能を最大限に活かしこれまでにな

いことができるようになったとのこと。

 

 

 

 

次元間の切れ目から惑星から惑星へと瞬時に移動したり、レイトレーシ

ングでその場に応じてクランクに光を反射させたりできるように。

 

 

私はラチェクラは1~3までプレイしました、特に2は全武器マックスグレ

ードまでやり込んだほど大好きなゲームの一つです。これも早くプレイ

したい!(願望)

 

 

 

 

「GHOSTWIRE TOKYO」(ゴーストワイヤー トーキョー)

 

 

 

あのバイオハザードの生みの親で知られる三上 真司氏率いる「サイコ

ブレイク」で知られる「Tango game works」の新作、住民が不可解な失

踪を遂げる東京を舞台に、超常的な敵との戦いを繰り広げるアクション

アドベンチャー

 

プレイヤーは、アメワラシ、シロムク、クチサケといった「visitors」と

呼ばれる

霊たちと超能力を駆使して戦い、都市伝説を解き明かしていく内容とな

っている模様。

 

 

 

現実差と非現実差をうまく融合させた世界観。悪霊、霊的な存在も要素

に加えて

能力物とこんなのオモシロくない訳がない!非常に楽しみです。

これも早くプレイしたい!(希望)

 

 

というわけで3作品紹介しました。PART1てことで、次回も気になる作品

を語ってていきたいと思います。

 

 

ではまた。